ひとりしゃべり
ひとりしゃべり
  1. ホーム
  2. ブログトップ
  3. 2008年3月の記事一覧

たのしや店長・小田哲也の「ひとりしゃべり」

※サムネイル写真はクリックすると拡大します

2008年3月の記事

再会

あのおっさんと出会った二軒茶屋ゴルフ練習場で・・
僕はついにピアノを弾いた。

そう・・・あのおっさんと再会したのだ。

ぼくがピアノを弾くきっかけになった・・あのおっさんである。

・・・・・・・

・・・・・・・

ストーブにあたっていたおっさんに近付いた・・・

「あのーー、おっちゃん・・僕の事、覚えてます?」

「ん?ああ・・レットイットビー教えた子やな・・」

覚えていた・・が、ぼそぼそとしゃべる・・

どうもあまり歓迎されていないようだ・・

それでもピアノを聴いてもらおうとお願いした・・・そして・・

「星に願いを」を弾いた。

「どうですか??」

『ん?ああ・・練習しとったんか?・・・・』

「上手くなったな」とは言ってくれなかった・・・
戦場のメリークリスマスも弾いた。
緊張せずに弾けた・・・が・・・褒めの言葉はない・・・・・・
1曲弾いて下さいとお願いした。

おっさんはしぶしぶ・・・じゃあ・・と「アイウィル」を弾いてくれた。

ビートルズの名曲である。

僕がアイウィルを知っていたコトがすこしだけ嬉しかったらしく、
「知っとるんか?」
と何度も聞いてきた。

・・・・・

・・・・・
二年ぶりに聴く、あのおっさんのピアノ。
すごく懐かしかった。
寒くなり厚着になっている。今日はだるだるティシャツではなかった。
おっさんは少しキレイになっていたのだ。

が、もじゃもじゃの髪、タバコを吸いながら、左足をポンポンと踏みながら弾くクセ、そして心地良い音色、そのままだった。
とても良い音だった。

しかしなぜかピアノを弾くおっさんの背中に寂しさを感じた。
聞くとあの日から今日までに色々なコトがあったようだ。

仕事を辞め、自分の店を開き、今はそこでピアノを弾いているらしい・・・

「楽しいですか?」と聞くと

「楽しい事なんてそんなにあるもんじゃない」

どっちとも取れるような答えだった・・・。
30分ほどで、僕とおっさん二人のピアノ共演はほどなく終わった。
おっさんはとても邪魔くさそうだった。喜んでるのは僕だけのようだ。

温度差は感じたが、それでも聴いてもらえてうれしかった。
そう、これは出会ってからずっと引きずっていた片思いを、告白して得た「爽快感」なのかもしれない。
帰り道、初めて出会ったあの時のような不思議な感覚が、さらに形を変えて僕を包み込んでいた。

「また会うことあるのだろうか・・・」
そー思いながら僕はアイウィルを口ずさんだ。
妙にタバコを恋しく感じる・・。

辞めてから、初めてのことだ・・・。

・・・・・

見たことのない虫の死骸がフロントガラスにへばりついている・・・。

星一つ見えない夜空は明日の雨を予感させた・・・。
去りぎわにおっさんは、僕に言った。
「でもまあ・・・・生きてたら・・・・面白い事あるわ・・・

今日、君に出会えた事もな・・・・・・」
僕が感じていた温度差はそれほど無かったようだ・・・。

車に乗り込み、白煙を撒き散らし、走っていった。

グレーの軽四車だった・・・・

ピカピカの{それ}ではなかったのである・・・。

もう一度空を見あげた・・・・・

かすかに光る星がひとつだけあった・・・

「明日は晴れやな・・・」

僕はそうつぶやいて、さらにアクセルを踏んだ。

《趣の「片思い」参照》

そっかそっか

ぼくはこの3月3日にタバコをやめました。。。

今20日間です。たかが20日間と思うかもしれないが、これが結構すばらしいことなんです。

もともと吸わない人にはわからないでしょねーー。

ただ、こんなにもすばらしい僕なのに・・・

こんな意志の強いマスターなのに・・・

誰も褒めてくれないんです・・・・・

たばこ吸ってる人間からすると・・・

「はあーー、20日間も辞めてるんやー。すごいねーー。」

って言ってくれるはず・・・

「いやいや・・そんなことないですよーー。」と僕・・・

「なかなか、辞めれるもんじゃないよー、私にはわかるーすごいツライもん、意志が強い証拠やねー」

「いやー・・・そうですかねぇーー・・すばらしい男ですかー僕は・・・・・なんとなく自分でもそう思ってましたーー」

みたいな会話になるはずなのに・・・

まったくならない・・

せっかく頑張ってるのにこれでは張り合いがない。。。

こんなことではダメだ。だから・・・・

店に来て

「マスター!たばこ辞めたんやろ??すごいなあー えらいなあー」

って言った人

「20パーセントOFF!!」

  

おめでとー

今日はみきさん、えみさん、ご結婚おめでとう。あさみさん誕生日おめでとうございますー。楽しそうでほんまに良かったです。。盛り上がってましたねー。写真はみきさんのみの登場です。姫路にいかれてもまたいらしてくださいな。お待ちしてますよー。他の方達は照れて写真には入ってきませんでした。。
それにしても、風がキツイ日でしたねー。いっぱいモノが飛んでましたよ。セブンイレブンに行く途中、前歩いてるおばちゃんの傘がバサーって逆に曲がってて・・・
しかし、そのままさして歩いてたんよね。

そこに松ぼっくりみたいなヤツが飛んできてぽこんって入ってましたからね。

まったく気にしてませんでしたね、ほんと強い人でした。
「ワタシは負けへん」オーラ出てた・・・。

おばちゃんは絶滅せーへんなあ。

脱出

最低の自分からの脱出するのに六甲までいかなあかんのかいな?
三の宮にしてほしいんだけど・・。
ところでエニシングを探してくれてる人はどれくらいいるんでしょうか。
えーたとカズだけ?
こーなったら明日から三月末まで
『エニシング持参の方20%OFF』
にします!
新しいタッパ買えるやん。。
.

三ヶ月

ここ三ヶ月散髪に行っていない。。。
今日散髪に行こう!と思ってる時に限って髪型が決まるのだ。
それもハンパじゃなく決まる。。
人生で最高の自分じゃないか?と思うくらいにだ。
そうこう何回も繰り返しながら三ヶ月経ち、
気が付くと人生最低の自分になっている。
よくそーゆー状態になる。そして今は何をどーしても上手くいかない。。。
前髪はみんなまったく言うことを聞かない。まさに学級崩壊直前の生徒状態だ。
ワックスと言う名の先生にとことん反抗している髪は、自分勝手に色んな方向にいく。
少しでも手ぐしをいれようもんなら、
『髪さわんなや!やめや!』と、余計にくねくねするのだ。

『雨降りでもないのに完璧にくりんくりんしてる。
はっきり言って仕事にまで影響しそうだ。
たかが髪、されど髪だ。
実はずっと行ってた美容院ラ・クープが昨年末で閉めてしまった。そこにいた子達がすごく良い子達だった。。次の美容院を見つけられないままでいる。。
それが余計に今の状態を助長している。
やまちゃん、コバ、かおちゃん。皆元気かなぁー。ラ・クープ復活せーへんかなあー、、そう思ってやまない。。。やっぱ人間関係が一番大事やね。 誰か良いトコあったら教えて下さいなー。
.

今年こそは・・・

ゴルフを頑張ろうと思っている。

今まで中途半端なスコアで廻ってたので、いい加減まともなスコアで廻りたい。

100ちょっとの数字のままではいかんせん、感心してもらえるものでもないし・・・

そう思ってやってるのだが、これがなかなかうまくいかない。

「うまくいかない事も面白い材料の一つや」・・・とかって言ってるおっちゃんがいたが、無責任やっちゅーの。

「うまくいくことは最も面白い材料の一つや」

そう言いたいね。

人によってアドバイスはまったく違うし、誰の言うことを聞けばいいのか分からなくなってきた今日この頃・・・・

そんな迷ってるゴルファーたくさんいるはず。。

「迷わずいけよ、いけばわかるさ」なんて言ってるけど、

行ってわかるのは知ってるねん、間違いやったらどうすんねんっちゅーの。

後戻りもそんな楽ちゃうねんで、ほんまに・・・

でも結局は、いかなあかんのやろか。

それさえも、行けばわかるさ。なんかな・・・。

みんな、ゴルフしてる人がんばりましょうー。

またみんなで廻りましょ。

最終兵器

久々に終わったあと一人ゴハン。。昔はよく行ってたが最近ご無沙汰だ。

行き着けの店に行き、たらふく食べようか・・・そう思うと・・・

「にんにく餃子」の店があった・・・。ここでがっつり食べようか。。。

明日の口臭が気になるが・・・「そんなの関係ねー」と店に入る。

かなりのにんにくの量だった・・。

だが味に満足して。。。「さて帰ろうか・・・」と車に乗り込んだ。

帰り道、車を走らせていると、ずっと向こうにパトカーが停まってた。お酒は飲んでない・・・しかし信号は黄色・・・いくか・・・。いけそうだ・・・。よし!行こう・・・・。

いや。。はやり、やめよう。。。へたに警察に呼ばれたらやっかいだ。

大人になったもんだなあ。が、信号で停まった僕に、なぜかパトカーが近付いてきた・・

警官が降りてきて僕の車の窓を トントントン。

「え??なんで??」・・・・窓を開けた。

「きみきみーー!あかんがなー!急ブレーキやでー!」

「え・・・・・・???いやいやいや・・・」

「タイヤ鳴ってたでーきみー」

「いやー、黄色やったんで停まったんですけど?」

「それでも急すぎるがな、きみーー危ないでー」

「はあ・・・」

「ほんで、きみー、お酒飲んでないかー」

(きみきみ言うなよ、おっさん!)

「いや、飲んでないです」

「ちょっと息はいてみてくれるかー」

(おいおい、待ってくれよーほんまにー)そう思ったが、

(よっしゃ息はいたろやんけー、みとけよーおっさん!カメハメ波出したる)

僕は胃の中・・いや体内の全てのガーリックスメルを集めた、そして・・・・・・・・

「にーーんーーーにーーーーくーーーーハァーーー!!!」

よしやったったで・・・。ふふふ

「きみー少し飲んでるやろ?」

「なんでやねん!!!!!」

(一滴も飲んでないわ!頼むわおっさん!)

そのデカイ鼻の穴は鼻血を出すためだけの穴か!

しかし他の二人の警官も集まって来て

「うん、はいてみぃ、もう一回はいてみぃ」とくる・・。

幸い2回目の「にんにく波」で警官の息の根を止める事が出来た。

すごい顔をしていた・・・

そして今、僕は無事に家にいる。。。

僕のリーサルウェポンが効かなかったあの警官は藤吉というらしい・・・

二人目の警官がそう呼んでた。

「藤吉さんー、これあんたのライターちゃう?」

皆さん・・・藤吉という男には気をつけて下さい。

やつはなかなか手ごわい。。。

小田哲也

昭和44年8月5日生まれ  B型

趣味  ゴルフ・ピアノ

カレンダー

2008年3月
« 2月   4月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31