ひとりしゃべり
ひとりしゃべり
  1. ホーム
  2. ブログトップ
  3. 2008年9月の記事一覧

たのしや店長・小田哲也の「ひとりしゃべり」

※サムネイル写真はクリックすると拡大します

2008年9月の記事

上海にて5

なんかやたら細いプーマでしょ?
プーマ、ダイエットしちゃった?って感じ。
あとラコステのワニなんて向いてる方向違うもんねー。完全に思春期だわ。
勝利の三本線のアディダスは惜敗の四本線。
グッチはクッチになってるしクリスチャンディオールはクリスティーナディオングですよ。なんか歌手みたいなってるし・・・。
まだまだ他にもいっぱいありましたよ。
偽物街、上海おそるべしですわ。

誕生日

本日9月25日
うちのスタッフのしんぺーが彼女を連れて来店しました。
今日は誕生日。20歳かな???
写真で右手に持ってるのがしんぺーからのプレゼントのブレスレット・・・・

の箱ですね。写真で見るとほぼアイポッドナノです。

彼女の左指が伸びきってないのが気になるとこだけど・・・
しかし若いってほんと良いですよね。

見ているだけでこっちまで楽しくなりますね。

食べてる途中、しんペーが

「わしゃキリンか!」・・・と彼女に突っ込んでいた・・・

一体どんなボケやったんやろう・・・・

えりちゃんおめでとうー。アイポッド大事にねー。

滋賀県

?

滋賀の琵琶湖の最北端に余呉湖があり、そのほとりに発酵料理の重鎮、徳山さん営む、徳山鮓、という、知る人ぞ知る料理旅館があります。。
昨日いってきました。
お昼のご飯を用意してもらって、なれ鮓 あゆの一夜干し、鯉 天然うなぎ
など レアなもの頂いて来ました。
ご飯の最中に・・・・

「小田君!みょうが取りに行きましょうか?」

「あーー良いですねー」

「じゃあ 行きましょ。いったん料理止めます」

「いや・・・今すぐかいーー!!」・・・と

近くの山に連れて行ってもらい、野性に生えてる食材を摘みに行きました。
写真の茗荷、まるで筍でしょ。あと栗ですね。
ゴーヤ取って、紫蘇、柿、いちぢく、さんしょ、などなど・・
楽しかったです。

・・・・・
戻ってきてから、締めのうなぎ茶漬け、なれ鮓のアイスを頂き、料理が始まって最後まで四時間と言うなんとも貴重な体験をしました。
でも散策とても面白かったです。ヒロさんいつもありがとうございます。面白い方ですよ。。ほんと・・・。

そだそだ・・・話は変わりますが、

ひめ!TSDとはね・・・・・また店にて教えますね。

引っ張るなー ・・・ 俺も・・・
うえの!バナナダイエット?あんた続くんかいな?
普通に、
「ご飯食べてー 飲み物飲んでーー・・・あっそうそうバナナ・・」
とか、やってそうやわ・・・

「あっっわたしココアで!」

とか言ってるもんなあ、なおのこと意味ないで
とにかく、キューテンサンジュウ待ってるわ。

続 上海にて4

これなんやと思いますか?中国の目の検査ですよ。
あんなの万国共通かなー思ってたら、ちゃうみたい・・。
・・・・・・

ってゆーか、なんか目悪い人でも分かりそうじゃないです?これ?
空いてるトコ、二ヶ所あるし・・、なんか雰囲気で当てれそう・・

・・・・
そやけど学生の時よくこれ覚えて目の検査でズルしてたけど

今から思うと、そもそも視力サバ読んでどうするの?って感じですよね。。

ほんまは0.7のヤツが

「俺1.2あるで・・・・・」とか言ってね・・・

ソレ聞いたヤツが

「お前1.2? 俺1・5や」・・・・

言うてるヤツが0.5やったりね・・・

・・・でも普段二人とも眼鏡かけてる・・みたいなね・・・

意味不明ですよ。

今は逆ですよね。目良いのにわざわざ眼鏡かけたり・・・・

ダテ眼鏡ですよ。。。

時代は進んでますからねーー色んなダテが出てきますよ。

?「ダテコンタクト」とかね・・・掛けてることに誰も気づかない・・・みたいな・・・出てきますよきっと・・・

あと「ダテケイタイ」ね・・・ケイタイかな思ったら髭剃りだったりね。

あと「ダテキミコ」ね・・・キミコかな思ったらクルムだった・・みたいなね。

まあそんなんゆうてますけど・・・

目は良いにこしたことないですね。

最近視力上がる手術もあるみたいですね。

友達のきいちって子が受けて

今視力3.5くらいになってるらしい。。。

・・・・

うそです。。。

何年振りかなあーー

p1160038.JPG

17日水曜日、バーベキューに行った。

メンツはTSDとそのゆかいな仲間達。

雨予報を見事くつがえし晴れさせた、「晴れ男小田ティ」

中国が放つ消雨弾100発分相当のポテンシャルか・・。

場所は大蔵海岸。これがなかなかいい所だった。

はじめ僕らしかいなくて、

「おいおいこんな広いとこに俺らだけかい?」

と心配したが、時間がたつとぞろぞろとやって来てにぎやかになってきた。

ソレを見て、やれあの子の格好がどうだ、あの子の髪がどうだ、

ピンクのTシャツがどうや、やれ、あの子はピンクに気があるはずや・・とか・・やれピンクはまんざらでもなさそうだの・・やれピンクはそんなモテるやつじゃないだの・・・・

要するに半分文句ですよ。

まあでもピンクTシャツに惚れてる女の子は見た感じ38歳までは春が来ないオーラがでてましたね・・・。

不細工とかじゃないんです。なんとなく出てるんですよね・・・。

でもその後はすごく幸せになるんです。え??長い・・・??

・・・・・・・

にしても皆若い!髪型が違う、毛の色が違う、ジーパンをおしりで穿いている、肌が違う、全員なんだか照れている・・・・・・グループ内でまだなんとなく照れてるのだ・・・そこがまた可愛い・・・

・・・・・

こっちはというと、そろそろドモホルンリンクルの無料サンプルが貰える年齢・・・・・。魚の「目の玉」も平気で食べてしまうのだ。どんだけDHAを欲しているのか・・・。

しかし何年ぶりやろか。こうゆうの・・・。

キャッチボールしたり、バドミントンしたり、なつかしかった。

けどバドミントン4回しかつながらん、「どんだけ下手やねん!!」って嫌になるし、ボールも思ったトコに投げれんし、

今、肩あがらんくらい、痛いし、足腰もだるいし・・・・・

でもとても楽しく過ごせた。。。

そしてとても旨かった。

帰りにマックシェイクを買った。

車で飲んだ。

すごく美味しかった。

終わった後、みんな家に帰った

・・・・

僕だけが仕事だった・・・・

だまされた気分だ・・・・・。

上海にて3

これは上海のとある路地の扉の横に貼られていたもの。

よりによって、『おうとくいき』、とはね。
このあたりで吐き気がした人はみなここへ来て
「おえーっ」って・・
ソレってなんか変ですよね。
いつも来てる人とかたくさんいて、
ちょっとした出会いの場になんかなってたりして・・・

【今!上海の嘔吐区域が熱い!!】みたいなね・・・

・・・・・・・

それにしても向こうで思ったのは、

中国の人ってすごく真面目なイメージやったんやけど、行って見たらぜんぜん違いますね。

とにかく笑ってる人が少ないんですよ。

店、ホテル等のすたっふーが不機嫌ですしね、

マクドの店員全員しかめっ面ですよ。

スマイルなんぼやねん!!っちゅう話しですよ。

日本で働いてる留学生は真面目で頑張り屋さんなんですけどねぇ・・・。

現地に行かないと分からないもんですねーー。

上海にて 2

背の低いほうのともこさん、分かりますよ。
いつもありがとう。そう、中国はザリガ二食べるし、スーパーに普通にすっぽんが並んでたよ。それと利き酒師合格しました。また待ってますよー。
えとですねー。
上海話第二弾、
上海で二番目に高いビル昇ったんです。
そこでなんとジャッキーチェンに会いました。
びっくりですよ。
写真撮ったので見てください。
ただしこの日のジャッキーは疲れていたのか無口でしたね。
動きも無く、とても残念でした。
でも笑顔は素敵でした。
さすがですね、えへ(о^∇^о)

上海にて

これはザリガ二ですね。
向こうでは当たり前のよーに店前で並んでて、揚げてスパイシーな香辛料を入れて中華鍋の中で回して仕上げてる感じ。
なかなか旨かった。まあエビですしね、おもしろいので撮ってみました。
香りもとても良かった。
でもたくさんはいらないかなぁー(о^∇^о)

本日帰国しました。

実は5日間の上海旅行から本日戻りました。

詳細はまた後日書くとして、今日は早めの就寝とします。

チュモンの続き、ヒーローズの続きみたいとこやけどなあ・・・。

?旅行に行くと常々思うことやけど・・・

やっぱり和食は良いね。

俺は日本人やわ。

たのしや おだてつや。

つづき・・・

・・・・

タンクトップを持って隣の部屋に入った。

「ではまずそこにある日本酒をこちらの銚子に1合注いで下さい」

と試験官・・・

「はい」・・・・・・・僕は一升瓶にタンクトップを添えた。

1合注ぐ・・・

なんだか少し滑る

・・・

そう・・・ユニクロのドライ生地はとてもすべるのだ。

外の生地がつるつるしている。

そして不必要なまでの光沢までもある。

試験官は僕をじっと見ている・・・いや・・・

手元を見ている・・・

・・・・

僕の妄想が始まる。。。

試験官はタンクトップを見ている。

「えらい光ってるなあ・・」とか思っているだろう・・・・

なんといってもユニクロだ。見たことくらいあるだろう・・・

ひょっとすると同じタンクトップを持っているかもしれない・・・。

いや下手すると今日着てるかもしれない・・・

だとしたらこれはペアルックなのか・・・・??

そうそして緊張のあまり僕は日本酒をこぼしてしまうのだ・・・

白いトーションがびしょびしょになる・・・

「君!!こんなに濡れたトーションで試験は無理ですな・・・。」

「いや・・このまま続けさせて下さい!」

「だめですな・・・君は不合格だ、帰りたまえ・・・」

「いや・・・なんとかお願いします!!」

「・・・・・・」

「もうだめだ・・・今までの苦労が・・・・」

。。・・・・・

突然・・・会場内にサンバが流れる。。

そのサンバに合わせて突然、試験官が

「ウーーマンボ!!」と服を脱ぎだした。

ズボンからである。

ジャケット・・・・・シャツを脱ぎ最後にタンクトップを脱いでそっと僕に渡してくれたのだ。。

「これを使いなさい」

「え??いいんですか?大事なタンクトップを・・・本当にいいんですか?」

「もうすでに君のものだ・・・そのかわり絶対に合格するんだよ」

ブリーフを穿きながら試験官は僕にそう言った。

ブリーフ姿のまま、靴下だけを履き試験官は会場を後にした。

だれもいない会場で僕は一人汗をかいていた。

なぜか試験は終わっていた。

サンバだけが流れたままだった・・・・。

汗が額を流れ落ちる。

もらったタンクトップでそれを拭いた。

加齢臭がした。

・・・・・・

数週間後・・・

秋の知らせとともに合格通知が来た。

封筒を開けた時、とても爽やかな吟醸香がした。。

・・・・・・

タンクトップでしたソレとはまったく違っていたのである・・・・・。

そうそして僕は・・・晴れて利き酒師となったのだ。

小田哲也

昭和44年8月5日生まれ  B型

趣味  ゴルフ・ピアノ

カレンダー

2008年9月
« 8月   10月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930